シンシアガーデンクリニック高崎院の美容コラムのページです。

0120-43-6223

  • 局所麻酔なしでほくろ除去エルビウムヤグレーザー
  • フラクショナルレーザー
  • シャイニングピール
  • ピアスの穴あけは医療機関で!
  • 女性の薄毛治療は注射で治す時代へ。毛髪再生医療DR.CYJヘアーフィラー
  • 気になる鼻は切らずに糸で治す!クレオパトラノーズ
  • 注射だけでだるみを改善。輪郭をしっかり引き締める。小顔注射BNLS
  • 進化したヒアルロン酸ジュビダームビスタボリューマXC
  • LINE
  • 男性のAGA・抜け毛は早めの治療が肝心です。

インフォメーション

シンシアガーデンクリニック高崎院
〒370-0043
群馬県高崎市南高関町368-1

0120-67-1112

クリニック案内はこちら

アクセスマップはこちら

未成年の方へ

未成年の方は保護者の同意書が必要です。下のボタンをクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きますので、印刷してご来院下さい。
ダウンロード
保護者同意書をご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されているAdobeReaderが必要です。
ADOBE READER
  • 採用情報

美容コラム-シンシアガーデンクリニック高崎院は女性のキレイをサポートします。

第11回 目元から始めるアンチエイジング②〜目元のシワ改善〜

冬の乾燥が目元を老けさせる 気温の急激な変化と共に、空気の乾燥を文字通り「肌」で感じる季節がやってきました。加えて、暖房器具の使用は容赦なくあなたの肌から潤いを奪っていきます。


冬の乾燥による肌トラブルが一番出やすい場所はどこでしょうか?

それは「目元」と「口元」です。
特に「目元」の乾燥はダイレクトにシワの発生につながります。

「目元ケアを怠れば、冬ごとに新しいシワが増えていく!」

これは決して脅し文句ではありません!

目は顔の主役であり、目元の印象は、その方の顔全体の印象を左右する大事なパーツです。
いつまでも若々しい笑顔をキープするために「目元のシワ対策」きちんと学んでいきましょう!

前回のコラムに引き続き「目元からのアンチエイジング」として今回は「目元のシワ」にスポットを当ててお話しします。

目の下のたるみの原因と予防法は?

目元に限らずですが、シワは大きく分けて2つの種類があります。皮膚はこの図のように、外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」という3つの層から出来ています。

あなたのお悩みのシワが「表皮のシワ」であるか「真皮のシワ」であるかによって予防法も改善法も異なりますので、まずは見極めが大切です。

表皮のシワ
表皮のシワは、皮膚の外側表面にできる、まだ浅く小さなシワのことです。
いわゆる「ちりめんじわ」と呼ばれるシワがそれにあたります。目元や口元に出来やすいのはこの表皮のシワで、普段は目立つ事がないのですが、笑顔になると目尻や口元周辺に細かく現れるシワです。

【原因】

肌の乾燥が原因です。乾燥による一時的なものなので、角質層に水分や油分を補うことで改善できます!
もし、あなたのシワがまだ「表皮のシワ」なら早めの対策が肝要です。しっかりと保湿をすることで十分に改善される可能性が高いでしょう!


【対策】

① 泡立て洗顔&ぬるま湯洗顔で乾燥知らず!

表皮の最も外側、つまり手で触れる部分は「角質層」と言います。肌のバリア機能がある「角質層」はなんと約0.02㎜!これはサランラップの薄さに匹敵します。とても薄いのでゴシゴシと力任せの洗顔は角質層にダメージを与えてしまいます。しっかりと泡立てた洗顔料で、やさしく洗顔が基本です!

また、洗顔料選びも重要。さっぱりの洗い上がりを好む方は、肌の皮脂膜までとってしまっている可能性があります。洗いあがりにツッパリ感を感じている方は要注意です。油分を必要以上に洗い落とさない商品を選びましょう。

冬場、熱いお湯での洗顔も肌の皮脂膜を奪ってしまうので禁止事項です。熱いお湯での過剰洗顔は、乾燥を促進させてしまうので、冬でもぬるま湯での洗顔を心がけましょう。

② 徹底した保湿でダメージを改善

乾燥は肌の保水力が低下した状態なので、保水力アップの成分が配合された化粧品を補給することが重要です。

肌の保水力を高める成分
「ヒアルロン酸」「セラミド」「ステアリン酸コレステロール」

コラーゲンの生成に働きかける成分
「ビタミンC誘導体」「レチノール」

これらの成分が高配合された化粧品をシワが気になる部分に集中的に補給することで、「表皮のシワ」は改善されると思います。

また定期的に、古くなった角質をピーリングによって除去することで、乱れた肌のターンオーバー(肌の生まれ変わり)が正常化し、肌の保湿力が格段にアップします!ぜひ習慣化してください。

真皮のシワ
「表皮のシワ」がさらに肌の深い層まで達し、本格化したのが「真皮のシワ」です。さきほどの図の真皮の層まで刻まれるので、溝の深いシワとなります。
残念ながら「真皮のシワ」は一度刻まれてしまうと消す事が困難です。肌の土台部分から変形してしまっているため、いくら保湿を頑張っても改善することができないのです。

【原因】

原因は「乾燥」に加え、「加齢」「紫外線ダメージ」。それらによって真皮層に存在するコラーゲン繊維やエラスチン繊維が減少、劣化、変形してしまいます。その結果、肌の折り目が元に戻らなくなり、深いシワとなって刻まれてしまいます。


【対策】

これはあくまで予防策ですが、徹底した保湿と十分な紫外線対策が「真皮のシワ」を増やさない秘訣です。

では、すでに出来てしまった「真皮シワ」に対しての対策は?

減少、劣化、変形してしまったコラーゲン繊維やエラスチン繊維を化粧品の力で再生させることはできません。一時的な保湿効果は望めますが、真皮まで到達し、肌の弾力を復活させ、シワを無くすことは不可能と言えます。

最近、化粧品会社各社がこぞって宣伝している「レチノール配合」の化粧品。レチノールはコラーゲンやエラスチンを生み出す繊維芽細胞を活性化する成分なので、シワ対策として有効ですが、実際のところ効果があるのは「表皮のシワ」までで、大きく深く刻まれてしまった「真皮のシワ」には、目に見える効果が期待できないのが現状です。

すでに出来てしまったシワ改善は「医療機関のシワ治療」で!

すでに深く刻まれてしまったシワをセルフケアだけで改善することは困難です。

シワのお悩みを根本から改善したい方!ぜひ当院のシワ治療をお試しください。
医療機関でのシワ治療は日々進化しています。



当院ではカウンセラーが患者様お一人お一人の状態を見極め、最も適した「シワ治療法」をご提案します。

ぜひ、お気軽にご相談ください。

当院のシワ治療くわしくはこちら→

  • メール相談
  • カウンセリング予約

PAGETOP