シンシアガーデンクリニック高崎院の美容コラムのページです。

0120-43-6223

  • 局所麻酔なしでほくろ除去エルビウムヤグレーザー
  • フラクショナルレーザー
  • シャイニングピール
  • ピアスの穴あけは医療機関で!
  • 女性の薄毛治療は注射で治す時代へ。毛髪再生医療DR.CYJヘアーフィラー
  • 気になる鼻は切らずに糸で治す!クレオパトラノーズ
  • 注射だけでだるみを改善。輪郭をしっかり引き締める。小顔注射BNLS
  • 進化したヒアルロン酸ジュビダームビスタボリューマXC
  • LINE
  • 男性のAGA・抜け毛は早めの治療が肝心です。

インフォメーション

シンシアガーデンクリニック高崎院
〒370-0043
群馬県高崎市南高関町368-1

0120-67-1112

クリニック案内はこちら

アクセスマップはこちら

未成年の方へ

未成年の方は保護者の同意書が必要です。下のボタンをクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きますので、印刷してご来院下さい。
ダウンロード
保護者同意書をご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されているAdobeReaderが必要です。
ADOBE READER
  • 採用情報

美容コラム-シンシアガーデンクリニック高崎院は女性のキレイをサポートします。

第14回 「ほくろ除去」春は新しいスタートを!

この「ほくろ」なかったらいいのに・・・ 昔々のお話ですが・・
“ほくろ”が美人の象徴とされていた時代がありました。“ほくろ”は肌の白さを際立たせる効果があったからです。16世紀17世紀のヨーロッパでは「つけぼくろ」が大流行したほど。まるで今時女子たちが「つけまつげ」や「カラーコンタクト」を使用するのと同じ感覚で、当時の貴婦人たちは「つけぼくろ」をおしゃれのアイテムとして使っていたのです。

しかし、時代は流れて現代。
この“ほくろ”がなかったらいいのに・・・
ホクロをとりたい・・・


という切実な悩みを抱えている人の方が沢山いらっしゃいます。
そして、その理由は人によって様々です。

今回は「ほくろ除去」についてのお話です。

あなたの“ほくろ”は良性ですか?悪性ですか?

まず知って頂きたいのは、“ほくろ”にも問題のない「良性のほくろ」と、放置しておくと危険な「悪性のほくろ」があることです。

ほとんどの“ほくろ”は良性で問題がないのですが、なかには紫外線や日常の刺激の影響で母斑細胞に傷がつくことによって、皮膚がん(別名:メラノーマ)の原因に変異していく“ほくろ”があります。

「悪性のほくろ」にはいくつかの特徴があるので、心配のある方はチェックしてみてください。

<悪性の病的な“ほくろ”の特徴>

  • ●“ほくろ”の表面が凸凹している
  • ●“ほくろ”がかゆいときがある
  • ●“ほくろ”からよく出血する
  • ●短期間に“ほくろ”が大きくなった
  • ●“ほくろ”の色に濃淡があり、ムラがある
  • ●短期間に“ほくろ”が盛り上がってきた
  • ●“ほくろ”の輪郭がぼやけている
  • ●短期間に“ほくろ”の色が変化した
  • ●“ほくろ”が痛いときがある

ひとつでも、あてはまる症状があれば、迷わず医療機関の診断を受けましょう。

皮膚がん(メラノーマ)は進行が早い恐ろしい癌です。

早期発見が重要となりますので、自己判断は避け医療機関で受診してください。

“ほくろ”が長年のコンプレックスの方!!!

前述したような「病的なほくろ」でなければ、“ほくろ”は除去する必要はありません。

しかし、“ほくろ”は場所や大きさ、数によっては、大きなコンプレックスとなり、悩みの原因となります。

特に顔にある“ほくろ”はとても目立つため、人に与える印象を左右する要因の一つにもなり得ることから、コンプレックスになりやすいと言えるでしょう。

幼少期に友達から、その“ほくろ”があるために、からかわれたり、不本意なあだ名をつけられたりするという話も耳にします。

「この“ほくろ”がなかったら・・・」と“ほくろ”の存在をネガティブに捉え、物心ついた頃からの長年の悩みである人にとっては、大きなストレスとして重くのしかかり続けます。

コンプレックスから解放され、ストレスがなくなるのであれば、心の健康のためにも「ほくろ除去」という選択はむしろ賢い選択だと言えるのではないでしょうか。

切らない「ほくろ除去治療」エルビウムヤグレーザー

当院では、局所麻酔なしでできる「ほくろ除去治療」エルビウムヤグレーザーをおすすめしています。

エルビウムヤグレーザーは「ほくろ」の他にも、「イボ」「脂漏性角化症(セボケラ)」の除去にも適したレーザー治療です。

エルビウムヤグレーザーは以下のような特徴があります。

局所麻酔なしでほくろ除去エルビウムヤグレーザー
痛みが少なく、麻酔を使用せずに治療ができる
術後の傷の治りが早く、仕上がりもきれい
周囲の正常組織へのヒートダメージが
ほとんどないためリスクが軽減される

春からの新しい生活のスタートの前に「ほくろ除去」をお考えの方は、
ぜひこのタイミングでの来院をおすすめします。


まずは、お気軽にお問い合わせください!

医療コンシェルジュの無料相談はこちら→

  • メール相談
  • カウンセリング予約

PAGETOP