シワ対策なら高崎市のシンシアガーデンクリニック高崎院へ

0120-43-6223

  • 局所麻酔なしでほくろ除去エルビウムヤグレーザー
  • フラクショナルレーザー
  • シャイニングピール
  • ピアスの穴あけは医療機関で!
  • 女性の薄毛治療は注射で治す時代へ。毛髪再生医療DR.CYJヘアーフィラー
  • 気になる鼻は切らずに糸で治す!クレオパトラノーズ
  • 注射だけでだるみを改善。輪郭をしっかり引き締める。小顔注射BNLS
  • 進化したヒアルロン酸ジュビダームビスタボリューマXC
  • LINE
  • 男性のAGA・抜け毛は早めの治療が肝心です。

インフォメーション

シンシアガーデンクリニック高崎院
〒370-0043
群馬県高崎市南高関町368-1

0120-67-1112

クリニック案内はこちら

アクセスマップはこちら

未成年の方へ

未成年の方は保護者の同意書が必要です。下のボタンをクリックすると別ウィンドウでPDFファイルが開きますので、印刷してご来院下さい。
ダウンロード
保護者同意書をご覧いただくには、アドビシステムズ社から無償提供されているAdobeReaderが必要です。
ADOBE READER
  • 採用情報

美容コラム-シンシアガーデンクリニック高崎院は女性のキレイをサポートします。

第27回 シワ対策はシワのタイプや年代別で違います!〜シワ治療〜

シワのない美肌を保つ秘訣は・・・

あなたのお悩みのシワはどんなシワですか?

指で開いて消えるシワなら「表皮部分の浅いシワ」

もし消えなかったら
「真皮まで達した深いシワ」ということになります。


さらに・・・
あなたはきちんとご自分の年齢にあったシワ対策をしていますか?
「皮膚のたるみ・毛穴の開き・肌の乾燥」といったシワの始まりのサインを見逃していると、あとで大変なことになります。

ご自分の肌の状態をきちんと見極め、予防法や改善法を行うことで、あなたの未来の肌が変わってきます。

今回は「シワ対策」についてのお話です。

シワのタイプを見極める

皮膚はこの図のように、外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」という3つの層から出来ています。

シワは、そのでき方と、できる場所や老化の度合いによって4つのタイプに分けることができます。

① 乾燥シワ・小ジワ(表皮ジワ)

乾燥シワや小ジワは「ちりめんじわ」と呼ばれています。皮膚の水分や柔軟性が失われることでできたシワです。普段は目立つ事がないのですが、表情によって目尻や口周辺に細かく現れます。
表皮にのみ起こるシワなので、十分に水分や油分を補うことで比較的改善しやすいのが特徴。早めの対策が肝要です。

<対策>
・泡立て洗顔&ぬるま湯洗顔で乾燥を防ぐ
・徹底した保湿で乾燥ダメージを改善
・保水力アップの成分が配合された化粧品を補給

肌の保水力を高める成分
「ヒアルロン酸」「セラミド」「ステアリン酸コレステロール」

② 大ジワ(真皮ジワ)

加齢による肌老化や紫外線ダメージによって、真皮にあるコラーゲンやエラスティンが衰え、肌の弾力が失われるとシワは真皮まで達し、大ジワができます。

<対策>
大ジワは保湿だけでは改善しないので、コラーゲンを増やす作用のある成分を高配合した化粧品を取り入れることでシワの進行を抑える必要があります。

コラーゲンの生成に働きかける成分
「ビタミンC誘導体」「レチノール」「ナイアシン」

③ ほうれい線・目の下のたるみジワ

ほうれい線や目の下のたるみジワは、皮膚のたるみによって深く刻まれた大ジワです。たるみは、加齢による表情筋の衰え・紫外線ダメージによるハリ弾力の低下・代謝の低下による脂肪の増加など、様々な原因によって皮膚が垂れ下がってしまう現象です。たるみジワは顔の厚い脂肪が支えきれなくなった場所に生じるもので、たるみの生じる場所によって「ほうれい線」や「黒クマ」というように呼び名が変わります。

<対策>
基本は大ジワ対策と同じですが、同時にたるみ対策も必要となります。

④ 表情ジワ

眉間のシワや額のシワ、目尻の笑いジワに代表されるような「表情ジワ」というタイプのシワです。日常的に同じ表情を繰り返すことが原因とされています。

<対策>
・表情のクセを直すことで表情ジワは改善されます。
・表情筋の緊張をほぐすようなマッサージも有効です。

シワの年代別ケア

シワの重症度は一般には年齢に比例していくものです。
その年代に応じて、適したシワ対策を行うことが未来の美肌への備えとなるでしょう。

20代20代前半であれば、小ジワ予防として、保湿をまめに行う習慣づけをすれば十分です。
エイジング化粧品を使用する必要はありません。ただ、紫外線によるメラニンの蓄積は将来のシワへの貯金になってしまいます。紫外線対策だけは365日、1年を通して怠らないよう心がけましょう。

30代お肌の曲がり角の25歳を過ぎた頃から、コラーゲンは減少し始めます。30代を迎える前から、コラーゲンを生成する作用のある成分を高配合した化粧品を使い始めてもよいかもしれません。また仕事や家庭でのストレスや睡眠不足が肌に悪影響を与え始める時期でもあります。生活面の見直しもシワ対策につながります。

40代40代は本格的な老化が進行するので、本格的なエイジングケアが必要となってきます。うっかり日焼けや、手抜きスキンケアが命取りとなりますので、気が抜けません。シワ対策としてはコラーゲンを増やす成分に加え、抗酸化作用のある成分を高配合した化粧品を取り入れるのも良いでしょう。

抗酸化作用のある成分
「アスタキサンチン」「リコピン」「オウゴンエキス」

50代50代は更年期の影響でホルモンバランスが急激に乱れ始め、肌の調子がますます不安定になる年代です。シワやたるみが真皮にまで達していることが多いため、改善を望むのであれば、医療機関でのシワ・たるみ治療を受けてみることも視野に入れるべきでしょう。

なかなか改善しない大ジワには「医療機関のシワ治療」!

真皮まで深く刻まれてしまった大ジワをセルフケアだけで改善することはとても困難なことです。
当院では、あらゆるタイプのシワ、あらゆる年代のシワのお悩みに対応した治療法をご用意しております。
ぜひシワでお悩みの方はご相談ください。

4月は…「シワのしわざ」月間!
4月8日は「シワの日」ボトックスバイキングチケットを発売!

しわのしわざ 詳しくはこちら→

当院の「シワ治療」詳しくはこちら→

まずは無料相談まで→

  • メール相談
  • カウンセリング予約

PAGETOP