完全予約制診察・予約10:00-19:00(火〜日)月曜休診

  1. HOME
  2. ビューティーコラム
  3. 「隠れ炎症肌」から抜け出す生活習慣と美肌治療

「隠れ炎症肌」から抜け出す生活習慣と美肌治療Beauty Column

それって一時的な肌荒れですか?

長年付き合ってきた自分の肌。
調子が良い時と調子が悪い時の違いは、鏡を覗かなくても、
ひと度肌に触れただけでわかりますよね。

徹夜をしてしまったから・・・
メイクをしたまま寝てしまったから・・・
生理が来る前だから・・・


このように原因に心当たりがある一時的な肌荒れなら良いのですが、

常に肌が荒れている・・・
肌の調子が悪いのが普通になってしまった・・・


と感じるようになったら、
それは「隠れ炎症肌」という慢性的な肌荒れ症状かもしれません。

「隠れ炎症肌」から抜け出すためには、肌荒れの原因が何かをしっかりと見つめ直し、肌の立て直しを行わないと、事態はますます悪化していく一方です。

隠れ炎症肌の原因は「内側の原因」と「外側の原因」

隠れ炎症肌とは、目に見えない小さな肌炎症が加齢に伴い慢性化してしまった状態です。
隠れ炎症肌の原因は身体の内側と、身体の外側との両方からの影響が考えられます。

「内側の原因」

まずは内側の原因ですが、内臓の不調は肌荒れにダイレクトに影響します。
内臓はアルコールの過剰摂取や、油分の多い食事、食事のタミングや量による負担などの影響を受けやすく、健康を損なってしまいます。内臓が不調に陥り、代謝が滞ると肌荒れが発生してしまうのです。
また、睡眠不足やホルモンバランスの乱れ、そして毎日の精神的ストレスも、肌荒れの大きな要因として考えられます。

「外側の原因」

外側からの原因は、様々な肌へのダメージを受けることです。
季節による気温や湿度の変化、特に乾燥は肌荒れの大きな要因です。
また肌に降り注ぐ紫外線や、花粉などが与える肌ダメージも大変大きなものです。
そして、毎日繰り返されるメイクも実は肌に負担をかけています。合わない化粧品の使用や、間違ったスキンケアの積み重ねが肌荒れを招いているケースも多く見られます。

「隠れ炎症肌」から抜け出す生活習慣

隠れ炎症肌の原因をつきとめ、日頃の生活習慣を見直すことで肌荒れは改善されます。ここでは、ぜひ実践していただきたい5つの習慣をご紹介します。

① 栄養バランスの良い食事
肌荒れには、まず食事の改善が重要です。心当たりのある方は暴飲暴食を改め、バランスの良い食生活に切り替えましょう。
新陳代謝を高めるタンパク質は必須栄養素です。またビタミン・ミネラル・鉄分といった栄養素も美肌を保つためには欠かせない栄養素です。
② スキンケアを見直す
肌荒れ改善には正しいスキンケアが必要不可欠です。特に肌に負担がかからない方法のクレンジングや洗顔で、しっかりとメイクを落としきることが重要です。 また乾燥を防ぐための保湿や、古い角質を取り除きお肌のターンオーバーを高めるケアを忘れてはいけません。
③ 暮らしにあった紫外線対策
紫外線対策は、肌荒れ防止には不可欠ですが、日焼け止めの使用は肌に負担をかける場合もあります。屋外に出る時と、屋内にいる時で日焼け止めの強度を使い分けること、また1日の終わりにはきちんと洗顔で落としきり、肌に日焼け止めが残留しないようにすることも大切です。
④ 質の良い睡眠をとる
肌荒れの改善には、質の良い睡眠を十分にとることがとても重要です。
寝る前の飲酒や、カフェインはやめましょう。また、寝る前にテレビやスマホの画面を見ることも脳を興奮させてしまい、入眠の妨げになってしまいます。ご自分が一番リラックスした状態で入眠できる方法を模索しましょう。
⑤ 適度な運動で代謝をアップ
お肌の調子を整えるためには、運動で新陳代謝を高めることも効果的です。
運動が習慣化されれば良質な睡眠にもつながります。
日頃のストレス発散を暴飲暴食で解消することをやめて、運動で発散できれば、お肌にとっては一石二鳥の効果が望めます。

美肌治療で「隠れ炎症肌」を一気に解決

美しい素肌作りは毎日の積み重ねが大切ですが、セルフケアだけでは太刀打ち出来ないお悩みは、ぜひ美容医療クリニックの美肌治療をお試しください。

当院で行っているお勧めの美肌治療はケミカルピーリングです。

また、内側からのスキンケア効果としてヘリオケア(飲む日焼け止め)、免疫機能を高めるアミノ酸46、メロングリソディンなどの処方も行なっております。

当院では、専門医が時間をかけたカウンセリングでお客様の肌の症状をしっかり見極め、より適した治療法をご提案いたします。

まずは無料相談よりお待ちしております。→



この記事はシンシアガーデンクリニック高崎院が監修しました。

Contactお問い合わせ

  • お電話でのご相談・ご予約
  • 0120-67-1112
    完全予約制/診察・予約10:00-19:00(火〜日)月曜休診