完全予約制診察・予約10:00-19:00(火〜日)月曜休診

  1. HOME
  2. ビューティーコラム
  3. 将来の介護に備えた VIO脱毛

将来の介護に備えた VIO脱毛Beauty Column

高まるVIO脱毛のニーズ

脇や足、腕のムダ毛の永久脱毛が若い女性を中心に美容のスタンダードとして定着する中、アンダーヘアの脱毛“ VIO脱毛”のニーズも高まりつつあります。

これまでVIO脱毛は、一部のファッションに敏感な若い女性たちや、「アンダーヘア脱毛はパートナー間でのエチケット」という欧米の文化が根付いた女性だけのものであって、一般的な日本女性には縁遠い習慣でした。

しかし、ここ数年で40代50代の普通の女性たちがVIO脱毛の施術を受けにクリニックを訪れるケースが増えてきています。

その理由には、日本が抱える介護社会問題が大きく影響しているようです。

「介護脱毛」の必要性

40代50代のミドル層がVIO脱毛に踏み切るきっかけは、自分の親やその他の方の介護でのオムツ交換の体験が大きく影響しているようです。

介護をする側にとって、大人相手のオムツ交換は赤ちゃんのそれとは違い、とてつもなく大きな負担となります。

特に排泄物の拭き取りは、同時に重い身体を支えながらの作業なので、皆様苦戦されるようです。赤ちゃんのようにアンダーヘアがなかったらどれほどスムーズに行えるか、と介護の経験を経て実感されるのだとか。

実際プロの介護の現場でも、アンダーヘアがあるために雑菌が繁殖して臭いの原因となったり、毛の上から何度も強く拭き取ることによって肌が炎症を起こしてしまうトラブルが度々起こっています。

このような経験がきっかけとなり、将来、自分が介護されるときのこと考え、なるべく他人に面倒をかけないよう今のうちにと、VIO脱毛へ駆け込む人が増えています。

超高齢化社会に備えて、これまではなかった新しい医療脱毛のニーズが芽生えているというわけです。

「介護脱毛」は白髪になる前に!

将来介護される時のためとはいえ、40代50代から脱毛して備えるのは、時期尚早なのではないかと思われるかもしれませんが、そこには理由があります。

それは、永久脱毛を行う医療脱毛レーザーは毛母細胞の黒い色素(メラニン)に反応し、その細胞を焼くことで毛が生えてこないようにするメカニズムであるためです。

つまり白髪には反応しなくなってしまうことから、アンダーヘアが白髪になってしまう前に脱毛を急ぐ必要があるのです。

残った白髪はニードル脱毛しか選択肢がなくなり(一本一本を針で焼く方法)それだと時間もコストも割高になります。

介護脱毛をお考えの方は、白髪になる前にVIO脱毛をスタートさせることを念頭におかれるべきでしょう。

介護のためのVIO脱毛

では、介護脱毛の場合、どこまでを脱毛するのが良いのでしょうか。

VIO脱毛のアルファベッドは図のようにデリケートゾーン部位のVライン・Iライン・Oラインを表しています。

Vラインは毛量が多いため、オムツ内で蒸れや臭いの原因となります。
Iライン(性器周辺)は排尿時に尿が付着しやすいため脱毛しておくべき部位です。
Oライン(肛門周辺)は排泄物が付きやすい場所なので脱毛しておくべき部位です。

将来の介護に備えて脱毛するのであれば、VIO全ての箇所を脱毛されることが望ましいのですが、毛がまったくないツルツルの状態に不自然さや違和感を感じる方はご相談ください。

当院では、お客様のご希望に応じてカウンセラーが一緒に脱毛デザインを決めていきますのでご安心ください。

もちろん、介護目的以外の VIO脱毛も随時行っております。

まずはお気軽に無料相談へ→ デリケートゾーン脱毛 当院の VIO脱毛 詳しくはこちら→

この記事はシンシアガーデンクリニック高崎院が監修しました。

Contactお問い合わせ

  • お電話でのご相談・ご予約
  • 0120-67-1112
    完全予約制/診察・予約10:00-19:00(火〜日)月曜休診