完全予約制診察・予約10:00-19:00(火〜日)月曜休診

  1. HOME
  2. ビューティーコラム
  3. 目の下のクマをなくして、若々しい印象に!

目の下のクマをなくして、若々しい印象に!Beauty Column

老けた印象を与える目の下のクマ

いつも疲れているような印象や、実年齢よりも老けた印象を与えてしまう目の下のクマ。

クマが解消できれば、明るく元気で若々しい印象を取り戻すことこができますが、そう簡単には消えてくれません。

実は目の下のクマには3つのタイプがあることをご存知でしょうか?

それぞれのタイプに特徴があり、原因と対処方法も全く違いますので、ご自身のクマのタイプがどのタイプに当てはまるかを知ることが、改善への第一歩となります。

あなたのクマはどのタイプ?

まずはセルフチェックでご自身のクマのタイプを知ることから始めましょう!

【セルフチェック】

  • 目の下の皮膚を押すと、一瞬目立たなくなる
    あなたは「青クマタイプ
  • 目の下の皮膚を押しても変わらず、顔を上にむけて見ても変わらない
    あなたは「茶クマタイプ
  • 顔を上に向けて、鏡を見ると目立たなくなる
    あなたは「黒クマタイプ

3つのクマの原因と対策

次に、クマのタイプ別の原因と対策について解説します!

● 青クマ
うすく青みがかったような特徴のある青クマ。青クマの原因は、血行不良です。疲労の蓄積や睡眠不足、冷え、ストレス、運動不足、眼精疲労などが要因となり血行不良を引き起こします。これらのマイナス要因を取り除くことで青クマは改善が期待できます。

【対策】
血流を促進するケアが効果的です。蒸しタオルで目元周辺を温めるケアを取り入れて見ましょう。また十分な質の良い睡眠を確保し、ストレスを溜め込まないような生活を心がけましょう。
● 茶クマ
くすんだような特徴がある茶クマ。茶クマの原因はシミやくすみも含めた色素沈着です。肌の乾燥や紫外線によるメラニン色素の蓄積、アイメイクの残留、目元周辺の強い摩擦などが色素沈着の原因となり、茶クマを作ります。

【対策】
紫外線対策を強化し、同時に美白化粧品でメラニンの生成を抑制しましょう。また乾燥を防ぐための十分な保湿も重要です。クレンジングと洗顔は擦りすぎないよう心がけ、摩擦を最低限に抑えるのがポイントです。アイメイクは残留しないようしっかりと落としましょう。
● 黒クマ
顔に影を作るようなクマが黒クマ。黒クマの原因はずばり加齢です。目元の周辺の皮膚のたるみや、小ジワが増えたことで生じた影が黒クマとなって現れます。

【対策】
黒クマを改善するためには、たるみや、小ジワを根本から解決しなければいけません。加齢と共に減少するヒアルロン酸やコラーゲンを補うケアで多少の改善は望めますが、日々のスキンケアだけで黒クマそのものを消すことは難しいでしょう。

美容医療クリニックの治療でクマを解消

クマ改善は日々のケアの積み重ねが重要で、時間がかかるものです。
特に、黒クマはセルフケアだけではなかなか太刀打ちできません。

実際、30代後半を過ぎた方のほとんどは

黒クマ
黒クマ+青クマ
黒クマ+茶クマ


の「混合クマ」に悩まれています。

当院では、目元周辺のたるみ・シワ・クマに特化した様々な治療法をご用意しています。

軽度な症状から重度な症状の方まで、お客様の症状に応じた適切な治療をご提案させていただきますので、ぜひ一度ご相談ください。


当院のクマ治療 詳しくはこちら→

この記事はシンシアガーデンクリニック高崎院が監修しました。

Contactお問い合わせ

  • お電話でのご相談・ご予約
  • 0120-67-1112
    完全予約制/診察・予約10:00-19:00(火〜日)月曜休診